ChatGPTは今ここまでできるようになった

ChatGPT
記事内に広告が含まれています。

ChatGPTは、OpenAIによって開発された革新的なAIチャットボットであり、2022年11月30日にリリースされました。

その登場以来、ChatGPTは人工知能(AI)業界において急速な成長を遂げ、ビジネス活用における検討・展開が進んでいます。チャットボットの普及により、利用開始のハードルが下がり、企業内での戦略や運用ツールとしても注目されています。また、ChatGPTはAI業界を象徴する存在として、多くのビジネスユーザーや消費者に受け入れられてきました。

2023年のChatGPTに起きた変革についていくつかご紹介します。

画像生成できるようになった

ChatGPTはDALL-E3というAIを用いた画像生成機能を搭載しました。ユーザーはテキストの説明に基づいて画像を生成することができるようになりました。これにより、AIの応用範囲が広がりました。

以前はこういった画像生成時は英語で指示を出す必要がありましたが、日本語記述でも十分な精度の画像が生成されるようになりました。利用シーンとしては例えば、ブログ記事の内容に沿ったサムネイル画像を生成するなど、長い文脈を理解した上で画像生成させるといったことも可能です。

画像を認識できるようになった

画像を生成するだけではなく、ChatGPTはアップロードした画像の認識機能も備えています。これにより、ユーザーは画像をChatGPTに提示し、それに関する議論や質問を行うことができるようになりました。

この機能の導入により文章で説明しにく状況を伝えたり、手書きのメモでChatGPTにオーダーをしたりといったことができるようになりました。

オリジナルのChatGPT(GPTs)が作れるようになった

OpenAIは、特定の目的に特化したカスタムGPTを作成する機能も提供しています。

ユーザーは自分のニーズに合わせたGPTをGPT Builderという設定ツールで構築し、さまざまな用途で利用することが可能になりました。作ったオリジナルChatGPTはGPTsと呼ばれ、2024年にはGPT Storeという共有プラットフォームがOpenAIから配信される予定です。

従来であれば特定用途に特化させるために詳細なプロンプト(指示)を入力する必要があったり、独自プログラムでAPIを呼び出すような必要がありましたが、GPT Builderではチャット形式でオリジナルのGPTsが作れるようになりました。

ChatGPTの活用範囲をさらに広げ、誰でも専門分野のChatGPTと対話できるようになりました。

グラフの表示などができるようになった

ChatGPTの進化には、Pythonを用いた分析機能が備わり、わかりやすいところではデータのグラフや他のビジュアルエイドを使用して視覚化する機能も搭載されました。データ駆動型の分析や視覚的な情報の伝達が強化され、より視覚的に情報体験を得ることができるようになりました。

一年で拡張されたChatGPT

ChatGPTのリリースから1年間で、その機能と応用範囲は大幅に拡張されました。この1年間で、ChatGPTは企業ソフトウェアにおける大きなトピックとなり、多くの企業がChatGPTを導入しています。しかし、一般の人々の間では、その使用はまだ限定的です。また、ChatGPTは競合他社によっても模倣され、市場における競争が激化しています。

ChatGPTの影響は大きく、活用と同時に安全性や倫理的な問題に関する議論も進んでおり、今後のAI開発に影響を与えると考えられています。その一方で、透明性の問題や、AIが引き起こすセキュリティリスクについての懸念も指摘されています。

他にもChatGPTアプリに音声機能が追加されより手軽にChatGPTが使えるようになってきています。

今後のChatGPTのアップデートから目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました