仕事の悩みを解決!「要領がよくない人のための仕事術図鑑」で自己肯定感アップ

書籍
記事内に広告が含まれています。

この記事の作成には一部生成AIを利用しています。

仕事の悩みに苦しむタロウの日常

次のようなことはないでしょうか。会社員のタロウは、仕事の要領が悪いと思い込んでいました。

締め切りが近づくと、つい仕事を先送りしてしまい、結局は残業の毎日。上司からの指示も、どうやったらいいのかわからず、ただ頭を抱えるばかり。ミスも多く、些細なことで自分を責めてしまいます。

「なんでオレはこんなにダメなんだろう…」と自己嫌悪に陥るタロウ。

同僚のハナコさんは、いつも仕事が速くてミスも少ない。

「ハナコさんみたいにできればなぁ」とため息をつくのですが、どうしたら良いのかわかりません。

「要領が悪い」はただの思い込み? 自分らしさを認められる一冊

もしかしたら、あなたもタロウのような悩みを抱えているかもしれません。でも大丈夫。「要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑」は、そんなあなたの味方です。

本書は、仕事でナンバーワンを目指すためのハウツー本ではありません。むしろ、「普通」に仕事をこなし、平穏な日々を過ごすためのヒントが詰まっています。要領が悪いと思い込んでしまう原因や、それを乗り越えるための具体的な方法を、著者2名の実体験も交えながら図解とイラストでわかりやすく解説しています。

基本の仕事術から応用まで、イラスト豊富でわかりやすい!

本書は、「要領が悪い」と思い込んでしまう人の特徴から、仕事の基本となるスキルまで、幅広くカバーしています。本著は次の内容で構成されています。

■コンテンツ
CHAPTER1 仕事の基本
CHAPTER2 段取りが苦手
CHAPTER3 優先順位がつけられない
CHAPTER4 先送りしてしまう
CHAPTER5 ケアレスミス、忘れ物が多い
CHAPTER6 集中力がない
CHAPTER7 整理、片付けができない
CHAPTER8 コミニュケーションが苦手
CHAPTER9 メンタルが弱い
CHAPTER10 メモ、メールが苦手

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000027449.html

いずれも、図解とイラストを使ったビジュアルな内容になっており、文字だけではなく、見て楽しめる工夫が満載です。

自己肯定感を取り戻し、穏やかな毎日を

タロウは、本書のアドバイスを実践してみることにしました。仕事の優先順位を意識したり、こまめにメモを取る習慣をつけたりと、小さな変化を続けていくうちに、徐々に自信が持てるようになってきます。

ミスをしても、以前ほど自分を責めなくなりました。タロウは「自分なりのペースでいいんだ」と思えるようになりました。同僚のハナコさんに、仕事のコツを聞くこともできるようになり、お互いに助け合える関係が生まれました。

「自分らしさ」を認め、イキイキと働くために

「要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑」は、決して仕事の成果を競うことを目的とはしていません。むしろ、一人ひとりの「自分らしさ」を大切にしながら、仕事に向き合うためのヒントを提供しています。

巻末には、リモートワークでの仕事術も特別付録として収録。多様な働き方が広がる中で、どんな環境でも自分らしく働くための工夫が詰まっています。

イラスト豊富でわかりやすく、「要領が悪い」と思い込んでしまう人の心に寄り添ってくれる一冊です。ぜひ手に取ってみてください。きっと、穏やかでイキイキとした毎日が待っているはずです。

タイトルとURLをコピーしました