【家事×仕事】効率UP!「がんばらない」が最強の働き方

書籍
記事内に広告が含まれています。

この記事の作成には一部生成AIを利用しています。

朝から家事に追われる毎日。仕事にも影響が…

こんな状況に心当たりはないでしょうか。

会社員の佐藤さんは、毎朝バタバタと家事をこなしながら出勤します。子供を保育園に送り、夫の朝食の準備、自分の身支度…。常に時間に追われる生活に、少しずつ疲れを感じ始めていました。

仕事でも、メールの確認や資料作成に追われる日々。

「もっと効率的に働けないかな…」

と思案する佐藤さんでしたが、なかなかいいアイデアは浮かびません。

ある日の帰宅途中、書店で目に留まった1冊の本。『家事から仕事まで使える がんばらない効率化』という、ちょっと変わったタイトルに興味をそそられ、思わず手に取ってしまいました。

「がんばらない効率化」で家事と仕事の質を上げる

本書は、家事や仕事の効率化について、「ためない」「まとめない」という新しい視点を提案しています。

例えば、皿洗い。多くの人は、食器を全部洗ってから、まとめてすすぐというやり方をしがちです。しかし、著者曰く、1枚ずつ洗ってすぐにすすぐことで、洗剤の泡立ちが良くなり、汚れも落ちやすくなるとのこと。

仕事でも同様に、メールをまとめてチェックするのではなく、1通ずつ確認・返信することで、よりスピーディかつ的確に対応できると説明されています。

「ためない」「まとめない」が効率化の鍵

本書では、「ためない」「まとめない」という2つの要素が、効率化のカギだと述べられています。

家事の例でいえば、洗濯物をためずにこまめに洗濯機に入れることで、大量にたまってから洗うよりも時間が節約できます。また、買い物でも、まとめ買いよりも必要な分だけ買うことで、無駄な在庫を持たずに済みます。

仕事でも、タスクを細分化して1つずつ確実にこなしていくことで、全体の作業効率が上がります。大きなプロジェクトも、小さな単位に分割することで、よりマネジメントしやすくなるのです。

時間だけでなく、心のゆとりも手に入る

本書のアドバイスを実践することで、佐藤さんは家事と仕事の両立が以前よりスムーズになりました。朝の忙しさが和らぎ、仕事でも優先順位を意識してタスクに取り組めるように。

さらに嬉しい変化が。効率的に家事をこなせるようになったことで、子供と一緒に過ごす時間が増えたのです。仕事の面でも、適切なペース配分ができるようになり、同僚とのコミュニケーションにも余裕が生まれました。

無理のない範囲で、少しずつ取り入れてみよう

『家事から仕事まで使える がんばらない効率化』は、日常のさまざまなシーンで応用できるヒントに満ちた1冊です。

無理に完璧を目指す必要はありません。自分のライフスタイルに合わせて、少しずつ効率化のコツを取り入れてみましょう。きっと、時間だけでなく心にも余裕が生まれるはずです。

がんばり過ぎない効率化で、毎日をもっと自由に、楽しく過ごせる。そんな生き方のヒントが、この本には詰まっています。

タイトルとURLをコピーしました